ライバルに差を付けられる|子供にとって良い家庭教師を見つけたいならネットで評判をチェック

子供にとって良い家庭教師を見つけたいならネットで評判をチェック

ライバルに差を付けられる

原稿用紙

おろそかにはしない

大学入試では学校ごとにさまざまな科目が課されます。特に、英語や国語といった主要なものは参考書なども充実しているので、ほぼ全員が力を入れて取り組みます。ただ、それ故に得点の差が生じにくいという特質も持っています。これに対して、推薦入試などを中心に必要となるのが小論文です。小論文にきちんと向き合う生徒が少ない分、入念な計画を立てて勉強を重ねればライバルに大きな差を付けられます。入学試験を突破するためには総合的な点数がボーダーラインをこえる必要があり、足を引っ張る教科を作らないのがとても大切です。合格できる可能性を限りなく高めたいのなら小論文の対策をおろそかにするべきではなく、早いうちから取り組むのが効果的です。

第三者に添削をお願いする

作文と小論文の最も大きな違いが論理的な内容が求められる点です。例えば、前者が日記のように自分の感想をダラダラとつづっても問題がないのに対して、後者の小論文は主張や根拠を分かりやすく明記するわけです。最近では少しずつ小論文向けの指南書が本屋さんに並ぶようになり、独学でもそこそこ実力を養成できる環境にはなってきています。ただ、自分が書いた文章を誰か別の人に読んでもらった方が癖を直しやすいのを考慮すると、第三者に添削をお願いするのが無難です。具体的には、学校に小論文に詳しい先生がいればその方にお願いをして見てもらえばいいですし、もし進学校ではないのなら通信講座などの添削サービスを活用するのもおすすめです。